慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

慶應通信2019年振り返り(その三)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

年明けに75単位からはじまった慶應通信ですが、秋口には100単位となり、落とした6単位に憾みはありますが、それでも大台に乗ったことはとてもうれしい収穫です。今年はこれに尽きますね。

それ以外はスクーリングの充実と、科目でいえば[政治思想論]を多く受講したことでしょうか。後者はテキスト科目と夏スク、夜間スクと受講してだいぶ理解も深まった気がします。どんだけ好きなんだよといわれても仕方ありませんねえ。

レポートもたくさん書きました。たくさん書いてたくさん不合格をもらいました。もうしばらくはレポートは書かないでしょう。

来年は残り16単位を早く取得して、卒論に注力しつつも、面白そうなスクーリングを受講したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2019 All Rights Reserved.