慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

細谷教授(慶大)のイギリス総選挙解説

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

過日のイギリス総選挙で、「EU離脱(Get Brexit Done)」を標榜する保守党が大勝したけれど、これについてわが慶大の細谷雄一教授が、自身のブログに解説を載せているので、自分の覚え書きとしてエントリしておく。

イギリス選挙予測の向上(これは日経新聞12/17付朝刊も取り上げていた)から保守党大勝の裏側、しかし大勝の先には〈いばらの道〉があることなどなど、この総選挙を冷静に過不足なく俯瞰してくれている。
同日の日経朝刊にも細谷先生のインタビュー記事が載っていて、こちらは上述のブログエントリの縮小版。

日経記事は概してイギリス総選挙については冷静なのだが、対して朝日新聞は労働党に思い入れ(というか未練)たっぷりの報道ぶりだったのがちょっと悲しくて笑える。そうだ、オピニオン欄である「耕論」で深掘りしてくれることを期待しています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2019 All Rights Reserved.