慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【履修計画】4月試験に向けて(暫定)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

1/18-19の週末で、2019.10月試験だったはずの科目を一気に受験。〈在庫一掃セール〉したみたいだ。
気分的にはとてもすっきりしている。ま、結果が出ればそれはそれで気分が高揚したり落ちこんだりするだろうけれど。

今回の試験の結果次第だが、夜間スクーリング含めて6~8単位は(116単位に対して)不足するのではないかと踏んでいる(それ以上になったらパニック必死)。その場合には、レポ貯金も少しあるし、再試験含めて対応すればよいかと考えている(必修科目も語学もすべて単位取得済み、ということがこういうときに効いてくる)。

「4月試験に向けて」とタイトルには書いたけれど、次回の試験にはとくに新規レポも再レポも出さない予定(あくまでも予定)。レポ〆切までに1ヶ月少ししかないので(2/25)、ここは焦らない。
とにかく2/15までの卒論指導申込提出に注力することにする。こっちのほうがよほど焦っている。いや、ワクワクしている。なので、このブログも新しいステージ(卒論)のことくらいしか書かないと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.