慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】卒論は〈怒り〉から?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

息子からうつされた風邪がままならぬままに、週末に突入。インフルは陰性と診断されたものの、アタマは相変わらず痛いし微熱のまま。
今日はM氏(家人)の計らいもあって、娘とふたりで家にじっと籠もっていた。もちろん文字通りじっとしているはずもなく、ひたすら卒論のテーマを煮詰めていたのだが。

いやあ、今日の空の天気とは違って、思考(嗜好)はくるくると変わるもんだなあ。というより、いろいろと話が広がったりズレていったり。よくもまあこれだけ思考というものは寄せては返す波のようにとりとめのないもんだと感心するくらいである。

あまりの手応えのなさに、ふと手を止めると、娘が文鳥と遊んでいる。毎日、10~15分程度カゴから外に出してやるのだ。
その姿を見ながら、この子が成人というか18歳になって選挙権を得られたら、もちろん選挙には行くようには促すが(いまでも国政レベルから地方自治体の選挙まで、ほぼ必ず同伴させている)、いったいどの政党に投票するんだろう。やはり自民党政権のままであろうか、それともまた別の党が政権を握っていたりするのであろうか。自民党政権であっても野党に一票を投じるのだろうか。その〈清き一票〉に値する政党はあるんだろうか・・・と考え始めたら、急にむかっ腹が立ってきて、卒論テーマが一気に近づいてきた感じがした。

もうすぐ〈鎮火報〉が出せるかもしれない。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.