慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】文字ではなく、図?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

慶應通信の学友さんたちにおかれましては、春のEスクーリングの話題で盛り上がっているようで、なんともうらやましい。

ぼくもできれば1科目くらい受講したいところだが、受講したらあの〈視聴地獄〉が待っているかと思うと、そう簡単には食指は動かない。2科目受講を2年連続でやってみたが、正直きっつい。
ええ。
平日仕事して土日子どもと遊んで・・・という生活パターンになかに、1コマ視聴約90分×12回(あるいは1コマ50分×21回とか)を組みこむのは、もうきつかったという記憶しかない。毎日毎日、スキマ時間というスキマ時間はずっとiPhone片手に観続けていたもんなあ。それに加えての小テスト、小レポート。〈小〉といいつつ、油断大敵というか、がっつり普通のテストでありレポートですからね。
アレをはじめたら、卒論と両立は絶対に無理だと思う。あ、もちろん授業は面白かったけどね(とって付けたような言い方だけど、これはほんと。一昨年はゲーム理論と日本政治論、昨年は法哲学と社会学特殊を受講しました。そして法哲学はアレだけ視聴したのに落とした。自分がホント莫迦だと悟った夏のあくる日)。

卒論は〆切まで10日ほど。手が動いていない。今日は構想を文字ではなくイメージ図で書いていた。こういう問題があって、それに対するアプローチの仕方とかをポンチ絵(うわ、この表現は昭和だなあ)にしていたわけだが、最後はぐちゃぐちゃになるか絵が中途半端に止まるか、で終わり。格闘は続くのである。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.