慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】その時間のあいだに・・・

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

twitterにも呟いたけれど、卒論山は〈テラ・インコグニタ(未知の世界)〉なので、なにがあってもおかしくない・・・というかこちらに負があると思いがちなのだが、さて昨晩(今日午前夜中)、たまたまベッドで携帯からkcc-channelの卒論状況を覗いたら、申請状況としては〈完了(受付済)〉となっていた。受理日も記載されている。

なるほど、いったん受理されたのだなと納得し、つづいてこのブログ投稿にあるように、自分の「学籍情報照会」画面にとんでみると、アレ、「卒業論文テーマ」が記載されていない・・・。

ここでいったん、半分くらい目が覚めた。

どういうことかと思って(まあこーゆーこともあるよね、くらいの感覚が半分くらい)、再度申請状況画面へと戻り、「申請名称」をクリックしたら、なんと自分が許可されたはずの「卒業論文指導登録申込(秋期)」画面が表示された。しかも、取得単位や配本状況などの箇所が赤色反転している。

ん?

ここで、完全に目が覚めた。

(携帯画面での)押し間違いか? と思って、も一度慎重に(のはず)クリックするとやはり同じ画面である。

うーん、どういう理由か解らないがとにかくこの赤字必須項目を埋めなくてはならないのだな、あとでパソコンで処理すればいいやと、いったん目を閉じるもいろんなこと(もちろんばっちりネガティヴ)が想起されて、けっきょく起床してしまった。やっぱり、こういうことがあるから早めに提出しておいたほうがよかったと思ったのが、唯一のポジティヴシンキング。

で。
パソコンから入力しようと机の前に座って画面を開き直したら、アレ、通常通りに「2020年度春期卒業論文指導申込」画面が表示されている。携帯いじってからパソコンで画面開くまで、だいたい20分くらいだったと思う。

どゆこと?
単に携帯での操作間違いだったんだろうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.