慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】章構成の見直しに着手

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

弥生3月になった。科目試験(あるかないか解らないけど)まで、あと1ヶ月あまり。試験勉強のリズムをつくれないままに時間が過ぎていきます。
「鬼滅の刃」は6巻~11巻を、続けて購入。娘をはじめ家人もシコシコと読み耽っております。娘は本だけでなく、口ずさむ歌もアニメ版のオープニングだったりする。集英社にずいぶん貢献しています~。

今日も家族で自粛生活。夕方近所の公園にでかけたが、まあすごい人出。〈人集(だか)り〉とまでは言わないが、けっこうな親子連れが繰り出していた。みんな行くところが限られているからね。
娘の小学校は明日明後日はまだ休校ではないが、来週からは会社もテレワークが週半ばからはじまる。子どもがいるなかで、勉強も仕事もどれだけ切り替えながらできるか。

今日は卒論の章立て見直しに着手。今週はこれと科目試験とを並行していくというやり方をとる。章構成、時間を置いての見直しなのだが、悲しいことに細かいところを思い出すのに時間がかかってしまっている。まだまだ自家薬籠中のものではないなあ。

それにしても、目が痒い~。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.