慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

井戸掘り

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

忘年会幹事からの宿題その①「自分の人生の使命」について考えています。おそらくずっと考えているでしょう。

ところで昨夜は大学の夜間スクーリング[憲法]の最終授業でした。これで3ヶ月にわたる長いスクーリングも終わり、あとは来週月曜のテストを残すのみとなりました。すでに問題は出題されているのでこの1週間で頑張ります。

[憲法]の授業を受けていて、そして木曜日には[政治思想論]も受講しているのですが、それらをあわせて考えると自分自身の指向として〈物事の本質〉に対する興味関心があることを自覚します。

一昨日に「自分の使命」を考えていたときに、
「言葉や歴史を通じて自由と真善美とを提示する」
という一文が浮かんだのではありますが、数日たってみるとどうもまだ考えの深掘りができていないように感じました。
もっと井戸掘りをしていかないといけないかな、と。
でも、考えるだけではだめなので手を動かさないといけない。〈手を動かすこと〉が具体的に何なのかはまだ解りませんが、忘年会までにはまだ日がありますのでもう少し考えてみましょう(しかし「考える」という言葉をよく使ったエントリだな)。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2019 All Rights Reserved.