慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

マキアヴェッリ全集読破ポータルをつくってみました

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

慶応通信(慶應義塾大学通信教育課程)の授業(夜間スクーリング)で「政治思想論」をとり、プラトン、アリストテレス、キケロ、マキアヴェッリの政治思想を学びました。明日は期末テストになります(^^;
その中で、素直に面白いなと思ったのは、プラトンとマキアヴェッリの政治思想でした。

将来的にはプラトンやアリストテレス、キケロの全集も読破したいと考えていますが、まずはマキアヴェッリの全集を読んでいきたいと思い、マキアヴェッリ全集のメモのポータルサイトをつくってみました。この全集の読破達成がいつになるかは解らないのですが、ひとまず読んだものについては読書メモをブログに残すようにしたいと思います。

このページでは、マキアヴェッリ全集のメモのポータルとして、各巻とそれに収録されている作品からぼく自身のメモを辿れるようにしました。ぼく自身は、現在政治学を学んでいる法学徒ですが大して素人と変わりませんので専門的な観点からすれば稚拙な個所も多いと思いますが、お許しを。

全集読破行は、基本的には巻数の順番で進めていきますが、気の向くまま進めるかもしれません。というか、さっそく『君主論』を後回しにしようと考えています。

マキアヴェッリというと「マキャベリスト」という言葉があるように、冷酷・狡猾・ケチといったイメージが付きまとっていますが、そういう先入観にとらわれずに自分なりのマキアヴェッリの姿を見つけられたらいいなと思っています。

なお、マキアヴェッリの日本語表記には、「マキャヴェリ」「マキャベリ」「マキァヴェリ」「マキァヴェッリ」など様々な表記が見られますが、このサイトでは「マキアヴェッリ」として統一します(引用部分の表記は個々の著作によることします)。

最後に。
ページ構成などについては、こちらのサイトを参考にさせていただきました。どうも有難うございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2019 All Rights Reserved.