慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】ベーシックに戻る

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

後れ馳せながら、わが家にも「鬼滅の刃」ブームが訪れている。しばらく前から娘がYouTubeでアニメ版を観だしていたのだが、さいきんは息子もそれに乗ってきて、朝起きると「水の呼吸 壱の型」でこらちに向かってくる。
なので「ヒノカミ神楽 円舞」で対抗しているが、なかなか手強い。

とはいえ、こちらはそもそも「鬼滅の刃」がどんな話なのか解らないので、新型肺炎の影響を考えて、今日一日もほとんど自宅で過ごしていた子どもたちのためという〈御為ごかし〉で、近所の紀伊國屋に原作を所望しにいくと、まあレジ向こうにズラリと全巻揃っているではないか。「巣ごもり消費」を考えているなあ。

すわ、〈大人買い〉かと垂涎してしまう。

けっきょく理性が働いて、まずは最初の5巻だけを購入。家に戻って差し出すと、さっそく子どもたちだけでなく家人も読んで〈漫喫状態〉。

さて、慶應通信の勉強はというと、1週間続いたISO審査の疲れが残っているのか、なかなかノートに手が延びない。卒論の方も、昨日卒論テーマが学籍情報に記載されたが、その先の行方が定まらずどこか落ち着かない心持ちなので、テキストを読んでいてもどこか心此処に在らずといった次第。

なので、基礎テキストからはいったん離れて、「卒論の書き方」とか「社会調査の仕方」といった本を手にしてみた。脚が動かなかったら腕を動かしてみる。これと同時にもう一度章構成を見直していくことにする。リズムをつくるのはなかなか大変。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.