慶應通信(慶應義塾大学通信教育課程) 法学部乙類学生のジャーナル日誌。

【卒論】どう取り組んでいくか

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

卒論指導申込(初回)が済んで、さてどうしましょう、と立ちすくんでいます。
が、そんなヒマはないわけで、基本文献を読んだり論文構成を詳細に考え直したりしなければならないことは解っているけど、そもそもどう取り組んでいくのがいいのか思案投げ首。

ひとまずは、土日に今後の取り組み方を考えてみようと思う。

バレンタインディですね。会社で同僚後輩からいくつか頂戴しました。有り難うございまするっ。いつでもバレンタインディはウキウキしますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
nikolaschla(ニコラシカ)こと、穂崎萬大(ほざき・かずひろ)。ソーシャルプランナ。補綴家。2017年慶應通信法学部甲類71秋期学士入学→乙類へ転類。ガンプラ/サイゼリヤ/ブロンプトン/天声人語/ポメラ。明治100年静岡市生まれ。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 慶應鶏肋録 , 2020 All Rights Reserved.